雑貨で空間に彩を! TOP > INFO > アート雑貨について

アート雑貨について

アート雑貨というのは、見た目の印象に重点を置いた雑貨です。使い勝手は二の次。例えばちょっとデザインが変わったお財布や小物入れなどもアート雑貨の部類にはいるそうです。

もちろんそれ以外にも、例えばお皿にしても描かれている絵が特徴的であればアート雑貨として飾って楽しむことができます。お皿以外にもマグカップなどもアート雑貨として楽しめるのではないでしょうか。食器棚の中がお皿、マグカップ、コップなど、すべてがアート雑貨であれば、食器棚は収納というよりも、アート雑貨を飾る棚ということになります。食器棚にもこだわりたくなりますね。

ランプなどはいかがでしょうか。大変デザインの凝ったもので、光の漏れ具合がとても印象的なものであればアート雑貨として注目を集めます。見て楽しむもの、という感覚がアート雑貨の特徴なのかもしれませんね。

それほど高価なものではなく、小銭で変えてしまうぐらいの安価な、そして手のひらサイズぐらいの小さな絵がはめ込まれている額縁などを、いくつも壁に飾ることで、それもアート雑貨として趣味を最大限に活かすことができます。

絵やデザインなどは人それぞれ好みがありますので、一言でアート雑貨と言っても印象がだいぶ違うのも面白いところのようです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 雑貨で空間に彩を! All Rights Reserved.